PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

絶大な信頼関係

キーン3
バーンリー戦で4得点をあげた主将のキーンと、彼を復帰させ主将に任命し、蘇らせたレドナップ
そんな二人の間には大きな信頼関係があることを窺わせるお互いのコメントを。

まずはキーン
「現在の僕らの好調はレドナップのおかげだ。彼の仕事ぶりは本当に素晴らしいの一言に尽きるよ。
改めて感じたのは、英語が完璧に話せる監督の下でのプレーはやっぱりやりやすいってことだ。
別に過去の誰かと比較してってわけじゃないんだけど、監督の意図することをピッチの選手に正確に
伝える事は重要だと思うんだ。彼はどこでボールを奪うのか、どういう風にパスを繋げばいいのか、
そういう細かな指示を明確に示してくれるからね。彼のやり方が僕らには合ってると思うよ。」


お次はレドナップ
「バーンリー戦ではこれぞキーンという働きを見せてくれたね。やはり彼は生粋の点取り屋なんだな。
彼のスペースをつく動きであったり、クレバーなパスで相手DFはたじたじになっていたからね。
正に私が練習の時に指示したことを見事に実行して見せたよ。
彼はプロ意識もすこぶる高く、いつも陽気で誰もが認める素晴らしい人間性の持ち主なんだ。
ロッカールームでも周りの選手に声をかけ、盛り上げる。生まれついてのキャプテンなんだよ。
彼は長年に渡ってこのクラブでトッププレイヤーとして活躍してきたが、その力は今も健在だね。」


キーンのコメントを見て思わず笑ってしまいました。誰かと比べるわけじゃないって言ってるけど、
明らかにラモスやベニテスと比べてるだろ!って(笑)やっぱり英国系が合ってるんでしょうね。
得点はもちろん、チームを鼓舞する働きも担う主将としての役割でも貢献は大きいと思います。

| Article | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。