PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【PREVIEW】 Tottenham vs Bolton

前節は5発圧勝。再び連勝街道へと戻るべく今節はアウェーに乗り込みます。
トッテナムvsボルトンのプレヴューを。

TEAM NEWS

TOTTENHAM
トッテナムにとっての誤算は前節でデフォーが指を骨折し、この試合の出場が微妙なこと。
トレーニングには復帰しているようですが、強行出場させるかどうかレドナップの判断にも注目したい。
パブリュチェンコ、キング、ジオは共に負傷で欠場が濃厚。モドリッチ、ウッドゲートも依然としてアウト。

予想スタメン:Cudicini, Corluka, Bassong, Dawson, Ekotto, Lennon, Jenas, Palacios, Kranjcar, Keane, Crouch

Bolton
一方のボルトンもリザーブマッチに出場したエルマンダーが負傷し、この試合の欠場が決定的。
S・デイヴィス、オブライエンがアウト。新加入し、前節活躍したイ・チュヨンがジョーカーとして控える。

予想スタメン:Jaaskelainen, Ricketts, Cahill, Knight, Samuel, Cohen, Taylor, Muamba, McCann,
K・Davies, Klasnic

個人的には非常に楽しみであり、トッテナムにとっては重要な一戦となると思います。
もちろん、どの試合も重要なのは間違いないんですがアウェーのボルトン戦でどれだけ戦えるか?が、
昨季からの成長を図る一つのものさしになるんじゃないかな・・・と。
というのも、リーボックスタジアムでのボルトン戦の成績がすこぶる悪いんですよ。
過去9戦行われているんですが、一度も勝っていない。これは鬼門といってもいいかもしれません。
元々アラダイスの薫陶を受け、フィジカル主体でロングボールを放り込むフットボールを得意とするチーム。
現在のメグソンに代わってやや繋ぐ意識が向上はしたものの、やはり空中戦の強さは顕在。

その筆頭格がK・デイヴィス。この人、身長が高いわけではないんですが、競り合いにめっぽう強い。
ロングボールは基本的に彼めがけて放り込まれるわけですが、ほとんど拾ってしまう選手です。
プレースタイルは荒々しく評価も高くは無いですが、昨季も得点ランキング上位と侮れないFWです。
エルマンダーが抜けたことで、よりK・デイヴィス依存が高まる可能性が増したので、十分警戒したい。
特に、昨季もやられたセットプレーからの空中戦をいかに制することが出来るか・・・が鍵となります。
恐らくCBにはドーソン、前線にはクラウチと長身で相手の空中戦に負けない面子を揃えてくることでしょう。
まずは競り合いに負けないこと、そしてこぼれ球はまず外に蹴りだすといったシンプルな守備を徹底したい。

攻撃面ではクラウチをどう巧く「使って」いけるかが結果を左右することになりそう。
クラウチを入れる事には一長一短があって、彼のポストプレーで収まりどころが出来る半面、彼に依存して
ロングボールに頼り過ぎてしまい、攻撃が単調になるのが一番怖い。
クラウチはスペースに走り込む動きには期待出来ないので、当然彼に当てて周囲が飛び出していく・・・
という形が軸になるはず。コンビを組むであろうキーンはもちろん、レノンとニコの両翼や中盤の選手が
クラウチからの落しを有効に使って攻めるだけでなく、足下で繋ぎ、素早く崩す形も織り交ぜたい。
そもそもケーヒル、ナイトの両CBは堅いのでロングボール放り込んでも有効な攻撃にはなりづらい。
現在のトッテナムの長所である「スピード感のあるサイドを使った攻撃」を最大限活かしたい。
そういう意味では前半はデフォー&キーンで前線からプレス全開で相手を消耗させ(味方もだが・・・)
疲れて足が止まってきた頃にクラウチ投入・・・の方が、相手としては厄介なのかもしれない。

いずれにしろ苦手の地でしっかりとポイントを取りきることが重要。
ガツガツくる相手だけに中盤の潰し合いでも体を張って、気迫でも負けないメンタルで挑んで欲しい。
ここで勝ち点3を持ち帰る事が出来ればチームにとって大きいし、自信もつくだろう。
嫌なジンクスを振り払う為にも、上位に踏みとどまる為にも是非とも勝ちたい一戦です。

| Article | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。