PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第11節】 トッテナム vs アーセナル

イングランド・プレミアリーグ09/10 11節

Arsenal 3 - 0 Tottenham 
         
Stadium:エミレーツ・スタジアム

              前半   後半   合計                               
アーセナル  2  1  3             
トッテナム  0  0  0
得点
Spurs:
Gunners:ファン・ペルシ2、ファブレガス

0910 11
Sub:クディチーニ、ドーソン、ウッドゲート、クラニチャール

Cesc+Fabregas_convert_20091101142148.jpg
今季一発目となるアーセナルとのノースロンドン・ダービーは0-3で完敗。
およそダービーとは思えないテンションの低さと今季一番の内容の悪さにガックリでございます。
多くのトッテナムファンが失望したことでしょう。解ります。この何とも言えないモヤモヤ感。
敵のアーセナルファンですらガッカリしたんじゃないでしょうかね。この日のトッテナムのふがいなさに。

何が悲しいかって、例えばこの試合がプレミア初観戦でした・・・って人も中にはいるでしょう、そういう方はこの先きっと、
トッテナムファンにはならんのだろうなぁ・・・とすら思えてしまうほど、この日のトッテナムが色あせて見えてしまったこと。
熱狂的なトッテナムファンの僕ですら、この有り様ですから、特に思い入れの無い人にとってはさもショボかったんだろうなぁ・・・と。
こんなチームじゃないんですけどね・・・本来はもっと攻撃的でスピーディーで魅力あるチームなんですよ(泣)
・・・と精一杯の言い訳を言ってみる。あぁ、悲しい。よりにもよってダービーで今季最悪の内容なんて辛すぎる。

え~と。何から話せばよいのやら・・・という感じですね。
とりあえず本日はマッチレポという名の愚痴を書き連ねるということを前置きしておきます(笑)

■お粗末すぎる守備で3失点
失点シーンですが、全てがトッテナムのミスから生まれたものです。
1点目はエコトがスローインで気を抜いて間合いを詰め切れず、簡単にクロスを許した
2点目はパラシオスが集中力を欠きなんでもないパスを相手にカットされセスクの独走のキッカケに
3点目はエコトがファールでプレーが止まるとセルフジャッジして、相手の突破を許している

全ての場面で得点を決めたアーセナルの選手らの、局面での個人技の高さを否定する気は無いです。
1点目だってキングにピッタリつかれながらも針の穴を通すようにゴールにねじ込んだファンペルシは見事ですし、
2点目のセスクの2人をかわすドリブルとシュート精度は素晴らしい。3点目のファンペルシも然り。
ただ、全て起点がトッテナムのミスからというのが何とも悔やまれます。完全に自滅ですからね。
特に2点目はガックリ来たなぁ・・・。だって、1点獲られて凹んで、リプレイ明けたら2-0になってるし(笑)
何が起こったのか全然わからなかったもんね。また獲られ方が悪過ぎ。アマチュアかよ!・・・と。

■闘争心の欠如
ダービーの重要性は選手全員が認識していたはずです。試合前の選手のコメントからもそれは窺えたし、
何よりトッテナムで戦っている以上、アーセナル戦がどういう意味合いなのかは選手らは肌で解っているはず。
しかし、残念ながら立て続けに2失点を喫した段階で、選手達の闘争心というか、追いつこうという気概が消え失せてしまった。

先制される42分までは押されながらも集中していたし、体をはった守備でほぼ互角の戦いをしていました。
ボールホルダーには必ず2人がかりで寄せて簡単に仕事をさせなかったし、相手のパスミスを誘発していましたからね。
攻撃はほとんどさせてもらえないながらも、少なくても一方的な展開になるような出来の悪さでは無かった。
しかし、先制されてガクっときたのか、その先制点のリプレイ映像が流れてる最中に2失点目を喰らうという失態。
わずか30秒の間の2失点で選手達の戦意が失われてしまった感があり、後半は見ていられなかったです。
しかも終了間際にはバソングまでもが負傷。ウッディ、キングが戻ったら今度はバソングか・・・。
今季は怪我人も多い。いつになったらベストメンバーが組めるのやら。開幕から誰かは負傷で離脱してるんだもんなぁ・・・。

■不可解な采配
この日は4-5-1でスタートしました。今季開幕4連勝のロケットスタートを牽引した主力のレノン、モドリッチ、デフォーを欠き、
苦しい台所事情だったのもありますが、いつもの4-4-2を捨てて今季初めて試す布陣で挑むことに。
同じく0-3で敗れたチェルシー戦も急造の4-3-3で臨み、機能しないまま失点を重ねていきましたが、
この日も急造布陣で全く機能しなかった。なぜ、この大一番にギャンブルに出る必要があったのか?
攻撃陣が強力なアーセナルに対し中盤を厚くし、守備に重きを置いたのは理解出来るが、このシステム自体が
今のメンバーには十分浸透していないし、そんな状態で守りきれるほど甘い相手では無かったはず。

ベントリー、キーンの役割も非常に中途半端で何をやりたいのかが伝わってこなかった。
キーンは左サイドにずっとはってるわけではなく、前線にも顔を出してはいたが、クラウチとの距離が開き過ぎ。
ベントリーもサイドで仕掛けられるわけではないので中央に絞り気味、そもそも3人のセントラルMFもいるので
中央に人だけがゴチャゴチャ固まって、サイドにはスペースがあるがそこを使う選手がいないという矛盾。
ドリブルで仕掛ける意図を持った選手も皆無で、たまにジーナスが持ちあがろうという姿勢を見せた程度・・・。

ドリブルで仕掛けない、効果的な楔が入らない、相手のチェックが厳しく簡単に前を向かせてもらえない・・・となれば、
選択肢は前線のクラウチに当てるか短いパスで無理やり繋ぐかの非常に狭い二択に。
前者は競り勝てるものの、その落しを狙う選手がいないし、そもそも50:50の勝負が多過ぎで非効率。
後者は全体の運動量が少ない、あるいは前線の動き出しが単調なのでパスそのものをあっさりとインターセプトされる。
ゲームプランが失敗だったのは明白ですよ。この戦い方だと守りきってのドローか、クラウチの奇跡の一発にかけるのみだもの。

非常に残念な試合でした。もう少し気迫やダービーにかける熱を感じられるかと期待してたんですけどね。
本来なら、一番負けたくない相手に手も足も出ない完敗をした場合、「悔しい」となるのが普通です。
しかし、負け惜しみでもなんでもなく、試合後に「悔しい」と全く感じなかった。なんか、そこにすら至らないというか。
残ったのはあまりにも「あっさり」と敗戦をしてしまったチームと、それをどこかで受け入れている自分に対する失望感。
この程度ではまだまだCLなんて夢のまた夢です。これでビッグ4相手になすすべなく3連敗。少なくとも今はあらゆる面で力不足。
またゼロから・・・は言い過ぎですが、1から出直すぐらいの初心に帰ってチャレンジャー精神を思い出して欲しい。
このままではトップ6入りすら危ういし、いつもの定位置にズルズルと下がりかねません。

確実にチームは力をつけている。それだけは間違いないし、必要以上にネガティブになる必要は無い。
それでも主力が数名欠けているとはいえ、トップレベルの相手にこういう試合しか出来ない現状は真摯に受け止めるべきです。
ここで大事なのは選手達が強い気持ちで、この現状を打開する為に今一度結束すること。
開幕にピークを合わせ4連勝した当時から、今は下り坂の苦しい時期。長いシーズン、どのチームでも絶対に波がある。
シーズン通して上位を争う為には、こういう苦しい時期に、いかに敗戦をドローに、ドローを勝利にもっていくか。
こういうところで本当の意味でのトッテナムの真価、昨季からの成長が問われるのだと思う。

絶対的なキャプテンシーを持った選手や、経験豊かなベテランが不在の若いチームだけに、立て直しは困難なタスクだが、
チーム一丸でこの危機を抜け出す為に奮起して欲しい。まだまだ、11試合。27試合も残ってる。諦めるのはまだ早い。
まずはこの先のホーム2連戦(サンダーランド、ウィガン)でしっかり結果出して立て直しのキッカケとしたいところ。
この試合で受けた屈辱を晴らす機会は必ずもう一度やってくる。一回り成長して、その時を迎えたいですね。

今日のGood クラウチ。チーム戦術で孤立しながらも懸命に競り合い、ほとんどで競り勝った
今日のBad  ベントリー。全く持ち味を出せず気合だけが空回り。この出来だとレノン復帰後はまた控え行き濃厚

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| マッチレポート | comments:19 | TOP↑

2失点目で見るのやめました
あの点の取られ方は無いわ・・・

| KF | 2009/11/01 00:04 | URL | ≫ EDIT

>KF さん
確かに酷いミスでした。普通では考えられないような場面でしたし。
失点するまでは互角近くで推移してたので立て続けの失点がもったいなかったですね。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/01 00:18 | URL |

最近失点シーンでバソングの棒立ちが目立つんですけど気のせい?お疲れ?

| KTA | 2009/11/01 00:23 | URL |

あーもう酷い試合だ 
クラウチ1人頑張ってたなぁ… 
キーンは…しっかりしてくれ。 
大した決定機もなくもう完敗た… 
なんかヴェンゲルはキレてたけど(笑) 
次はサンダーランドでしたっけ。 
嫌な相手だ、ベント調子乗ってるし。 
このままズルズル行くのは勘弁ですよ。 
そろそろ勝ち試合が見たいよ

| ゆうすけ | 2009/11/01 04:16 | URL |

アーセナルが素晴らしい

| コメス | 2009/11/01 06:32 | URL | ≫ EDIT

ビバ!アーセンアーセナル!!
格が違いすぎ。

| | 2009/11/01 13:36 | URL |

ガツンとやられましたね・・・
序盤はアーセナルも慎重に試合に入ってリズムを乱していたのに攻守共にいまいち集中できてなかったのは苦しかったですね。
あと、やっぱりスパーズはモドリッチの判断の早さとレノンの速さ無しではカウンター出来ませんねぇ、加えてデフォーも不在ときた。
だからってひたすらクラウチよろしくじゃぁあまりに無策過ぎないかレドナップさんよ・・・
ちょっとだけ、サンダーランドに行ったあの人が居ればな・・・と思ってしまう試合展開でした。

| はくしんろ | 2009/11/01 14:03 | URL |

>KTA さん
う~ん、どうでしょうね。そんなにバソングが棒立ちしてた印象はないんですけど、
フル出場でしたし疲労があるのは否定できないでしょうね。怪我もしちゃいましたし…。
まぁ、この試合に関してはバソング云々じゃなくそれ以前の問題ですけどね。

>ゆうすけ さん
残念な試合でしたね。ホント、気の毒なくらいクラウチが一人で頑張ってましたね。
ここでズルズルは勘弁だし、次はホームでしっかりと立て直していただきたいもんです^^

>はくしんろ さん
確かにレドナップは無策過ぎると思いますね~。この試合をどういう風に戦おうかっていうプランが
曖昧だった気がします。クラウチの高さ頼りでいくなら両サイドをベントリー、ベイルでガンガンクロス
あげて、クラウチが競る、こぼれをキーンでいいはず。
中途半端に中盤厚くして攻守に役割がブレた感が否めませんでしたね。
ベントは好調ですね~。無い物ねだり言えばキリないのでグッとこらえます(笑)

>コメス さん、名無し さん
アンチコメントごくろうさまです。まぁ、そういう方もいることでしょう。
人生いろいろ、贔屓クラブもいろいろ…という答えでいいでしょうかね。
(こういう類のコメントに返す言葉が思いつかんのよね…苦笑)

でも、この日のアーセナル素晴らしかったかなぁ・・・。ミスも多かったし。
いい時のアーセナルってこんなもんじゃない印象ありますけど…。
あ、この試合の完敗は認めますけどね^^   

| 管理人 ゆーや | 2009/11/01 15:10 | URL |

アーセナルファンですが素直には喜べない勝利かなと。

その前の2戦(AZ/ハマーズ)で
先制→試合を支配→でも試合決めきれない→後半追いつかれる
という醜態をさらしてますから同じような展開で、
後半ダレてきてベンゲルが激怒してたのが象徴的でした。

こういう展開をなくさないとプレミアの覇者になるのは難しい感じです。
非常に癪にさわりますが、この辺ユナイテッド、チェルスキを見習う必要があるかなと。

冷静に考えればデフォー、レノン、モドリッチの主力3人がいないスパーズはキツイですよねぇ。
まあこっちはスパーズ以上にケガ人だらけなんですけど…
少なくとも上の3人がいれば全く違う状況だったのではないかと思います。

ゆーやさんが仰るとおりスパーズ現状のメンバーで4-5-1は相性が悪いのでは?
チェルスキ戦も4-5-1(4-3-3)でしたが、キーンが左だと持ち味が消えてしまう感じがします。
あくまで個人的意見ですが4-4-2で、クラウチとキーンの2トップ、左サイドにクラニチャールの方が怖かったかな~

4-4-2にしなかったのは、中盤での数的不利とクラニチャールの運動量/守備の問題なんですかね?
でもリードされた後もクラニチャール出てきませんでした。ケガでもあったんでしょうか…

今度はお互いベストメンバーで戦いたいですね。

| ガナーズ10 | 2009/11/01 17:53 | URL |

はじめまして、1年ほど前から拝見させていただいてます。
サッカーに関してはビギナーですがよろしくお願いします。

アーセナルファンの友達とやいのやいの言いながら観戦してました
。前半までは攻めれないまでも接戦でよかったんですけど、失点してから
退屈な試合になってしまいましたね…2点目は皆さん同じ気持ちだったんだなあ、と。
良くないなかでも個人技で打開されてしまってくやしいですね。
サニャ、セスク、ファンペルシ…素晴らしかったです。

友人には次戦での雪辱を宣言して寝ました!なかなか寝付けなかったですけどw
仲が悪くならないように気をつけますw是非、皆さんとこの気持ちを共有していきたいです。

是非、これからもよろしくお願いいたします。

| nobisuke | 2009/11/01 18:55 | URL |

お久しぶりです。。
最近はいろいろとあって書き込みする時間がなかったのですが、今回の試合があまりにもひどかったので書き込みます。。
まずレドナップさんはなにを考えているのか… 明らかにベイルが入ってからの方が流れが変わりいい攻めができていたのでいつもの4-4-2の方が機能してました。。(アーセナルが集中切らしただけかもですが)
そもそもダービーなんですから守備的にでるというのは最悪です。。次のサンダーランド戦はどっち応援しようか迷ってしまいそうです。。

| ドリア | 2009/11/01 19:02 | URL |

>ガナーズ10 さん
アーセナルファンからこういう敬意のあるコメントを頂き嬉しいですね。
やはり同じクラブのファンでもピンからキリまでということですね。ありがとうございます。
アーセナルは余裕のある展開でしたがベンゲルが最後まで引き締めに躍起だった、
あのスーツ投げつけの場面は、真の強者とはなんたるかという本質を見た気がします。

リバプールのキャラガー然り、チェルシーのテリー然り、真の強者は余裕のある時でも味方のミスに
怒鳴り鼓舞しますからね。ベンゲルもそういう部分を加えたいのかもしれませんね。
ただ、そこが備わると相当に強くなりますよ、アーセナルは。
ウチとすればますます差が開き厄介です(笑)

負傷者については言いわけにしたいのはやまやまですが、それを言ってもキリが無いですからね^^
全員揃ってたとしても勝てた保証は無いわけですし、負傷者出ても代わりで埋めるのがチームというもの。
単に今のトッテナムが色んな面で「足りない」ということなのだと認識しています。
システムのご指摘については僕も概ねは同感です。ただ、攻撃力を恐れてある程度は守備的に
行ったのも理解は出来るので難しいところですね。
ファンとしてはガチンコで攻め合うオープンな試合を望んではいましたが、それはホームでの再戦の
楽しみにとっておくこととします。次はお互いベストメンバーで戦いたいですね!

>nobisuke さん
そんなに前からご覧いただいてたんですか!ありがとうございます^^
やっぱり相手が一枚も二枚も上でしたね。褒めたくはないんですけども(笑)認めざるを得ません。
ただ、全てミス絡みですし、言うほど差が大きいとも思わないんですよ。
なので、再戦する時は是非リベンジしたいですね!今後も遊びにきてくださいね♪
PCからならフォーラムでもお待ちしています!あ、ガナーズファンのお友達とは仲良くね(笑)

>ドリア さん
お久しぶりです!お元気でしたか?
確かに4-4-2で初めからオープンに攻めあってくれた方がスッキリしたような気もしますね。
やはり慣れたシステムの方がスムーズに戦えますし、メンバー構成みてもそっちの方がハマるとは
思います。僕もドリアさん同様、ダービーでの守備的アプローチにガッカリした一人ではありますが、
手堅くいきたいレドナップの気持ちも解らなくもないので複雑ではあります。

というのも、先制されるまではプラン通りに進んでましたからね。
結果的には2点目のミスが致命的でした。タラレバは禁句ですがあれが無ければもう少し違った
後半になった気もするだけに惜しかったです。
サンダーランドも力つけてますから厳しい試合になりそうですね。ベント、キャンベルとの対戦は
楽しみですが、そんな悠長な事行ってられないですね(笑)

| 管理人 ゆーや | 2009/11/01 21:50 | URL |

はじめまして。
ユナイテッドサポですが、CL決勝のウチらと同様、よりによって一番大事な試合で醜態を晒したという点で何か通じるものがありました。

レドナップにせよ、オニールにせよ、ヒューズにせよ劣勢時の戦術的硬直性というか引き出しの少なさが気になりますね。この辺がビッグ4との差になってくるかもです(今季のレッズはダメそうですが)。

まあファーギーですらCL決勝ではフリーズしたわけで、この辺は英国系の監督に通じる問題かなとも思います。

| keano16 | 2009/11/02 12:37 | URL | ≫ EDIT

自分はグーナーです。

スパーズは怪我人も多い中、ダービーでよく戦っていたと思います。

ダービーではガナーズが勝ちましたが、スパーズにはこれからも上位戦線に踏みとどまって欲しいと思います!

リヴァプールを蹴落として4位以内に入って欲しいと思っています^^

| グーナー | 2009/11/02 15:01 | URL | ≫ EDIT

>keano16 さん
はじめまして&コメントありがとうございます^^
確かに英国系の監督は戦術的な引き出しが少ないのは感じますね。
レドナップについては特に感じますけど、彼の場合はモチベーターな側面が強いので、
彼を戦術面でサポートする有能な腹心を加えるべきと思っています。
ファギーはなんだかんだ言って勝負強いという印象はありますよ^^ 
昨年のCL決勝ははどこがやってても同じ結果だったような気もします。
(あの準決勝のチェルシー戦に勝った時点でバルサだろうな…と。)

>グーナー さん
有難いお言葉をどうもです。
宿敵のファンからも同情されるほど出来の悪い内容ではありましたが、
42分までは僕もよくやっていたとは思います。点が入るまではエミレーツも不穏な雰囲気でしたしね。
今季のビッグ4入りは正直厳しいと思うんですが、最後まで諦めずに戦っていれば今季は混戦ですし
最後まで楽しめるかもしれません。あ、ホームでの再戦では倍返しする…予定です(笑)

| 管理人 ゆーや | 2009/11/02 23:21 | URL |

ブログ初閲覧&初コメです。
日にちがだいぶ経過してますがご勘弁を。

グーナーとしては試合に勝ったのは素直に喜ぶべき事なんですが、
私がノースロンドンダービーを見始めて初めてといっていいぐらい、
静かなダービーでした。両チームのタレント、現在順位、去年の
ダービーの結果、試合前の舌戦からすると、納得のいかない試合
展開でしたね。アーセナルも今ではテクニックありのチームですが、
スパーズとの対戦では古き良き(?)イングランドサッカーが期待できる
数少ない試合と思っていますから、余計残念に思います。

采配についてはスパーズの試合をあまり見ていないので言えまんが、
素直にキーンを早々に下げてくれたのはほっとしました。体調・調子が
どうあれ、キーンはキーンですからね。あと、試合途中の指揮官のあの
態度はどうなんでしょう。目がトローンとして覇気もない感じで。どんな
状況であれ0-3なら、何か起きればなんとかできる点差なので最後
まで鼓舞し続けるべきとは思うのですが・・・。

CCでは去年決勝で負けたマンUと対戦しますし、PLでも近い順位
につけている対戦相手が続くようですので、スパーズの奮起を
期待いたします。我がアーセナルのためにもね(^0^)

| HFI(グーナー) | 2009/11/03 17:00 | URL | ≫ EDIT

>HFI(グーナー) さん
初めてのご訪問&コメントありがとうございます。記事から日数の経過は何の問題もないですよ^^ 
僕も試合についての感想はHFI(グーナー)さんと同感です。やはりノースロンドンダービーというのは
特別な対戦ですし、熱い試合になることを僕も期待していたんですが、僕が覚えている限りでも
内容としては一番味気なかった印象はありますね。

これはもうトッテナムのふがいなさに原因があるのが何とも残念ではあります。
僕が悲しかったのも負けはいいとして、劣勢になって半ば諦めムードで推移したメンタルの弱さ。
もう少し意地を見せて欲しかったなぁ…と。

レドナップについては色んな評がありますね。采配面や戦術面での稚拙さは若干否めないです。
ただ彼を擁護すれば、表情は眠そうには見えますが、内に秘めるタイプなので、あの試合もかなり
憤りと怒りに満ちていたのは想像に難くない。元々ピッチサイドに出てきてジェスチャー大きく鼓舞する
タイプでは無いので割と誤解されがちですが、未だフットボールへの情熱は消えていないと
色んな場面で彼の言葉を聞くにつけ感じます。

今は4位とはいえ、まだまだ本当の意味での力がついてはいないので今後とも一試合づつ大切に
戦って行って欲しいと願ってはおります。もちろんアーセナルとの差が開く一方なのは悔しいですし、
少しでも迫ってくれることを期待してます。WHLでの再戦はもう少し熱い試合になればいいですね^^
そんでもって次こそは勝たせてもらいますよ!

| 管理人 ゆーや | 2009/11/04 00:19 | URL |

お久しぶりです。開幕前に一度コメントさせていただいた者です。
BSしか加入していないので強豪との対戦しか見れませんが、アーセナル戦は見れたのでコメントしていきます。

ほんとにもう打ちのめされる内容&結果でしたね。
失点シーンは集中力の欠如というハートの部分の問題でしたね。なので余計にくやしいというか不甲斐ないというか…
攻撃面ではセントラルハーフの3人の内の誰か一人(個人的にはジーナス)をニコと交代させて欲しかったなと思います。
そしてキーンとベントリーをもう少しクラウチの近くでプレーさせてあげる事が出来たら、クラウチに当てるボールの質&落としを狙う事も出来たのかなと。
…まぁ守備面での不安は増えますが。

突然選手が上手くなったりするわけでもないので、まず精神面。管理人様がおっしゃる「闘争心」を押し出して、次の試合からがんばってもらいたいです。

| syruper | 2009/11/06 08:05 | URL |

>syruper さん
お久しぶりです^^ もちろん覚えていますよ~ 確かクラウチ加入の時にコメントくれてましたね♪
ダービーは打ちのめされましたね~(泣)
僕もsyruperさんと同じでハートの部分で負けていたのが悔しいというか情けない気分でした。
クラウチをもっと活かした攻撃をする必要性を僕も感じますし、前線で孤立しながらも奮闘していた
クラウチが気の毒でなりません。
少なくてもメンタル面で劣っていてはこの先もビッグ4を崩すのは至難の業ですから、チーム一丸で
ハードワークする気持ちを前面に出してチャレンジャー精神で一試合づつ大事に戦って欲しいですね!

| 管理人 ゆーや | 2009/11/06 20:17 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。