PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベテラン監督の苦言

予想通りというかなんというか、世間ではアイルランド対フランス戦の誤審で騒然となっておりますね。
当事国のフランスとアイルランドはもちろん、イングランドのメディアも「神の手」ゴールについて一斉に報じてます。
興味深かったのは勝ったフランス国内のメディアも概ねアイルランドに同情的な風潮であったという点。
フランス代表のW杯出場への資格を問う記事なども見られました。「神」どころか「悪魔」の手と揶揄するメディアも。
アイルランドは当然、納得がいくはずもなくFIFAに再試合を要求しているようですが、現実的には難しいでしょうね。
はらわたが煮えくりかえる思いですが、もう気持ちを切り替えることにしようと思います。結果は変わらないしね。

最後に一つだけ言いたいのは、FIFAがしきりに提唱し、推進してきた「フェアプレーの精神」とはなんぞや?ってこと。
少なくともアンリの発した言葉の隅々からは、この精神の欠片も感じることが出来ませんでした。
「手に当った」だと。よくもまあ、ぬけぬけと。あれは100%いや、1000%「故意に手で運んだ」ハンドです。
あのプレーを観てもなお、アンリを擁護する声が日本国内にも見られるのが残念、というか呆れます。
しょせんは「他人事」ということなんでしょうが、「見つからなければ何をやっても白」という考え方には全く共感できませんね。
もちろん本当に非難されるべきは、アンリではなく見逃してしまった審判であり、見逃す状況を改善できないFIFAです。
ただ、どうなんだろう。それが故意にハンドした人間を擁護する理由になりえるのか?違うと思うけどなぁ・・・。


さて、話題を変えて・・・トッテナムを率いる監督生活26年のベテラン監督ハリー・レドナップが、昨今の
外国人オーナーの相次ぐ流入による悪影響と選手起用に介入してくる代理人について苦言を呈しています。

Harry Redknapp needled by 'idiot' agents (Times)
League Managers Association(プレミアリーグおよび下部カテゴリーの全監督から組織される協会:以下LMA)の
殿堂表彰に出席したレドナップは、代理人の越権行為や代理人に頼り過ぎる選手に対してけん制しています。
出場機会の少なさについて選手本人が私と話すのではなく、代理人が会長に電話する事例が時折あるようだ。
これには驚きを通り越して呆れたよ。選手が出場機会に不満があるなら私の所に直接来て話をするべきだ。
それなのに、フットボールの事をよく知りもしない代理人がしゃしゃり出てきて「なぜ使わないのか?」と聞いてくる。
私にとっては理解に苦しむよ。代理人に頼まないと自分の考えを伝えられないなんてなんとも情けない話だ。
プロのフットボーラーなのだから、面と向かって話に来るべきだ。私はいつもドアは開いて待ってるのだからね。
幸いにも会長が私にこういう事があると伝えてくれているから、事態がおかしくならずに済んでいるけれど、
普通に考えて奇妙なことだとは思わないかね。代理人は私や会長に起用法を提言する為にいるのではないはずだ。
(レドナップ:代理人について)

選手名こそ明かしていませんが、それが誰のことを指しているのかは、なんとなく想像はつきますね。
しかし、これは驚きました。近年、代理人の権限というか存在が必要以上に大きくなっているという印象を受けますが、
選手起用について、監督を通り越して会長に直接文句言いだす輩が出てくると、それこそカオスだし由々しき事態ですよ。
監督を任命し、財政的にバックアップするのがオーナーであり会長。選手の獲得、起用など全権を担うのが監督。
選手の金銭面や移籍時の交渉の手助けを担うのが代理人。この関係を崩すと、チーム自体が崩壊しかねない。
代理人の越権行為も甚だしいし、代理人に口添えを頼む選手がいるのだとしたら、なんとも情けない話です。
まぁ、大概は金儲けしか頭に無い代理人が選手に無断で勝手にふるまってるだけなのかもしれませんけど。

同じくLMAの表彰の場でレドナップが語ったイングランドの若手監督についてのコメントを。
イングランド国内にも若くて将来有望な監督が沢山いる。彼らにはもっとチャンスが与えられるべきだと私は思っている。
しかし、スペインやイタリアなどのビッグネームに比べて、流行りの名前では無いというだけで、機会が巡ってこない。
しかも、昨今は次々と現れる億万長者に支配され、短期的な視点で目先の結果ばかりを追い求める。
そうなれば、ますます国内の若手の人材が表舞台に立つ機会を潰すことになる。
(レドナップ:イングランド国内の監督の抱える問題について)

確かに年々、監督に与えられる時間が短くなってる気がします。あまりにも早期に結果を求め過ぎというか。
そういう意味ではマンUのファーガソンやアーセナルのベンゲルというのは特殊なケースだと思いますね。
トッテナムも監督を早く変え過ぎ。ある程度長期に任せないといつまでたってもチームが出来上がらないですから。
一方では、モウリーニョのようにやってきてすぐ結果出す監督もいますし、ここら辺は難しい問題ですけど。

ハリー&ファギー
余談ですが、今回のLMAの殿堂表彰は国内のリーグ戦、カップ戦合わせて1000試合以上指揮を執った18人が表彰の対象。
レドナップもそのうちの一人で、ボーンマス、ウエストハム、ポーツマス、サウサンプトン、トッテナムで通算1100試合あまり。
大の仲良しのファーガソンとお揃いの写真はなんだか微笑ましいですね。老いてますます盛んな二人といったところですね。

最後に補強関連の噂を。

LuaLua on Spurs radar (Sun)
元ニューカッスル、ポーツマス時代にはレドナップと共闘した28歳のコンゴ人FWロマナ・ルアルア。
現在はカタールのクラブ、アル-アラビに所属しているらしいんですが、契約解除してのフリー移籍が可能との事。
早ければ来週にもトッテナムに加入するのではないか・・・とみられている模様です。

なぜに今更ルアルア?という疑問が無きにしもあらず・・・ではありますが、フリーで獲得というのなら、なるほどと。
プレミアリーグでは過去にそれなりに実績がありますし、移籍が濃厚なパブリュチェンコの代わりに第4のFWが欲しい、
しかし、噂されているようなビッグネームだと、また起用法をめぐって不満が噴出しかねない。
それならば多少は落ち目でも、過去に率いて勝手知ったる選手を入れて穴を補うって選択肢はアリかと思う。
どう考えてもこれからの過密日程を見据えて&カップ戦要因での獲得ですから、大枚叩く必要性がないですし。
今のルアルアがどの程度やれるか未知数も、レドナップは下降線の選手を再生させるのには定評ありますからね。
ただ、それなら将来見据えて今夏にキャンベルを完全移籍で買い取って確保しておいた方が良かったような・・・(汗)

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:15 | TOP↑

こんばんは~。

フランスvsアイルランドの試合は物議を醸しましたが、予想していましたけど、再試合はあえなく却下されたようですね・・・。終わってしまったことは仕方ないんですけど、もし逆にアイルランドだったらどうだったんだろう??って考えてしまいましたね。きっとプラティニやブラッター会長がアイルランドにクレームつけるんじゃないの??なんて思ってしまいました。(プラティニは英国嫌いなのが露骨だし・・・)

非難されるべきなのはアンリではなくて審判ですし、改善に動くべきなのはFIFAですね。W杯の本番でこういったことが起こらないことを切に望みます。

| まり@11 | 2009/11/20 23:16 | URL |

フランスvsアイルランド、怒りと悔しさで気持ちの整理がつきません。

アンリのハンドが故意なのは明らかです。
こういう事を平気でやり、「審判が笛を吹かなかったから」とか「喜びは変わらない」とか言ってのける・・・最低ですね。
どんなに優れたストライカーであっても敬意は持てません。
で、直近のコメントでは「再試合が妥当だ」だと?
ふざけんな!
再試合が100%ないと分かっているから言ってるんだろ!!

今回の件で最も非難されるべきは審判かもしれませんが、このような偽善的態度は本当にムカつきます。

| かるろす | 2009/11/21 00:05 | URL |

>まり@11 さん
こんばんは~^^ どうも裏で政治的な力が動いていると勘繰りたくはなりますよね~。
せっかくのビッグゲームが台無しになってしまったのが残念でなりませんね。
仰る通りアンリよりも裁いた審判なりFIFAが諸悪の根源ではありますが、アンリの態度や言動も、
いただけなかったという印象を個人的には持ちましたね。これで彼のこれまでの偉業が否定される
わけではありませんけど、汚点となったことだけは間違いないですね。
これから十数年は語り継がれますよ、きっと。

>かるろす さん
僕もかるろすさんと同じで、怒りを抑えるのが必死です。
もう少し過激な記事を書こうとも考えたのですが精一杯理性を働かせましたよ^^; 
僕はアンリは宿敵のレジェンドだということを差し引いても一定のリスペクトは抱いてるつもりですし、
彼だけがこの問題の原因とも思わないんですが、それにしても彼の言葉なり態度なりには
アイルランドに対する敬意は感じられませんでした。彼にとっては汚点ですし、ある種の十字架を
背負って今後もプレーを続けなければならないのは覚悟するべきです。
それほど今回のワンプレーは重いし、許されるべきことではないですね。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/21 01:28 | URL |

うーん

アンリの件については、同じW杯予選のグルジア戦で、ロビー・キーンがハンド+オフサイドを犯していながら何故かPKを勝ち取ってアイルランドが勝利しているので、あまり強く言えた立場ではないと思いますよ。

自分たちが勝ったときはいいけど負けた場合は再試合させろ、というアイルランドの主張には首を傾げてしまいます。結局、こういう状況、こういう試合であれば、選手は死にものぐるいで勝ちにいく、その結果起きることなのだと思います。

もちろんどちらも誉められたものじゃありませんが、最終的にはビデオ判定の導入を渋っているFIFAが変わらなければならないと思います。

| るる | 2009/11/21 02:26 | URL |

フランス対アイルランドの一戦僕も見てました。 
アンリは完全に故意でしたからね、故意でなければオッケーってわけでもないですが見事に手でコントロールしてくれちゃって試合後にあのコメントだからなぁ… 
まぁアンリに対してはピレスもなかなか手厳しいコメント残してましたね。 
アイルランドはほんとに気の毒、今後ビデオ判定などに関してどうなるかFIFAの対応を待ちたいです。 
いずれにしろ再試合はないでしょうからキーンをワールド杯で見れないのは残念で仕方ないです。 

| ゆうすけ | 2009/11/21 04:22 | URL |

>るる さん
絶対その件持ち出して言いだす人がいると思ってましたが、やはりいましたか(呆)
全然比較にならんですよ。状況が違い過ぎるし、キーンのハンドはどちらともとれる微妙な判定です。
アンリは明らかな故意ですから(笑)あとね、僕は判定は仕方ないと思うんですよ。アンリの件も。
むしろ問うているのはアンリの態度であり言動であってね。最後の一文については同感ですけども。

>ゆうすけ さん
本当に気の毒な結果で、ああいう形で命運が分かれたのが残念でなりませんね。
まぁ、再試合は厳しいでしょうし、今後はユーロに向けて頑張って欲しいですね。
ビデオ判定は賛否分かれるとは思うんですけど、議論されて然るべき問題と感じます。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/21 10:35 | URL |

アンリもキーンみたいに偶然を装ってやれば良かったのに…

| わっさわっさ | 2009/11/21 11:23 | URL |

監督の話になりますが、スパーズは監督変えすぎですよね~
正直僕はヨル監督でのスパーズも、もっと見たかったです。

| エンヴィー | 2009/11/21 11:46 | URL |

>わっさわっさ さん
アンリも十分に偶然装ってたってば(笑)だからこそしゃあしゃあと騙せたわけで。
というか、そんなことわざわざ書き込まなくてもいいっすよ(冷笑)

>エンヴィー さん
そうそう。そうなんですよね^^
スパーズが一貫性ないのも監督コロコロ変えるのが原因ですし。ヨルは僕も好きでしたし、
継続しとけばよかったと思いますよ。今はハリー爺さんに何年か任せるべきですね。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/21 11:50 | URL |

ヨル監督、自分も好きでした。
監督の手腕も人柄も素晴らしく、この監督の下ならチームも躍進できると確信したものでした。
事実、2シーズン連続でリーグ5位という好成績を収めましたしね。

今のレドナップも勿論好きだし期待してますが、そのうちヨルにも戻ってきて貰いたいです。

| かるろす | 2009/11/21 12:19 | URL |

>かるろす さん
ヨルは人柄も良かったし、ファンにも愛されてましたよね^^ 
ドイツに行ってもいいチーム作ってたし、手腕は確かと思います。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/21 14:42 | URL |

アンリのハンドはどう見ても故意ですし、その後のコメントはほめられたものじゃありません。ただ、アンリに罰を与えるべきといった意見やアンリはワールドカップ出場を辞退すべきという意見に関しては私は擁護すべきだと思います。

| 通りすがりのアーセナルファン | 2009/11/22 00:27 | URL | ≫ EDIT

>通りすがりのアーセナルファン さん
なるほど。そういうタイプの擁護もありますもんね。うむ、それについては僕も同感ですよ。
彼のやった行為、直後の言動はいけないことでしたが、それでW杯を辞退なり新たな罰を与える・・・
というのは違うと思います。罪を憎んで人を憎まずっていう言葉が適当かどうか解らないですけど、
それに近いかもしれません。

彼自身が犯した行為の重さを受け止めて今後に活かせばいいと思うんですよね。
過去は戻らないわけですし。今後も相当叩かれると思いますし、非難は浴びると思いますが、
逃げずに全て正面から受け止め、乗り越えて欲しいと願います。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/22 03:35 | URL |

アンリの件は相当問題になってますね。
個人的にはアイルランドを応援していたので残念でなりません。

自分もサッカーをやっていた経験があるんですが、「ボールを止めなきゃ!」と思っていると足ではなく手が出てしまう事がごく稀にあります。
なので「故意」なんですが「体が反応してしまった」という感じと思います。
お互いが国を背負ってやっているわけですから、アンリの試合後の対応も複雑な気持ちだったのではないかと思っています。

アンリ本人は謝罪もしているし、フェアなのは再試合だ、とも発言していますが残念なのはフランスサッカー協会が再試合をする気がない事ですね。そしてFIFAも。
批判されるべきはここだと感じます。

| syruper | 2009/11/22 10:21 | URL |

>syruper さん
そりゃ問題になりますよ~。だって4年に一度のW杯がかかった試合、しかもアイルランドのように
今度いつチャンスが巡ってくるかわからないチームの大一番だったんですもん(泣)
体が反応したのは本当だと思うんです。一回目のやつは。その後に手で運んだのは反応したって
レベルではないんですけどね(笑)アンリ自身が事の重大さを今になって解ってきたんだと思いますね。直後の発言から発言内容が変わってきてますもんね。一番の問題はFIFAでしょう。
同じ悲劇が今後起こらないことを願いたいもんです。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/22 12:53 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。