PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第14節】 トッテナム vs アストンヴィラ

イングランド・プレミアリーグ09/10 14節

Aston Villa 1 - 1 Tottenham 
         
Stadium:ヴィラ・パーク

              前半   後半   合計                               
アストンヴィラ  1  0  1            
トッテナム  0  1  1
得点
Spurs:ドーソン
Villans:アグボンラホール

0910 14
Sub:アルニック、ベイル、ハットン、ベントリー、ローズ

20091129155250fe9.jpg
試合前の状況では4位と5位につけるトッテナムとアストンヴィラ。ビッグ4への挑戦権を争う「第二勢力」同士の一戦は、
激しい雨が降りしきる中、90分間オープンに攻め合った末に1-1のドロー。勝ち点1ずつを分け合っています。

前節ウィガンに9得点大勝した直後だけに、どういうメンバー構成でくるか注目していましたが、変更はわずか1ヶ所。
ウッドゲートに代わりバソング。キーンは前節に引き続きベンチスタートで、キャプテンマークはドーソンが巻くことに。
「勝ってる時はいじらず」という古からの(?)鉄則がありますが、前節のいい流れを繋げたいという意図でしょう。

立ち上がりから両チーム積極的に攻撃に出て、オープンな展開になっていたので、いい試合になる予感がありましたが、
予感そのままに、最高にエキサイティングで手に汗握る好ゲームになったと思います。面白かった、本当に。
この試合まだ見られていない方は、ハイライトだけじゃなく是非再放送でご覧になられる事をお勧めしますよ。
スピーディーで縦に速く、サイドと中盤のせめぎ合いが半端無くってプレミアリーグらしい魅力満載でしたね。

トッテナムの好調攻撃陣が序盤から相手を押し込む展開。中盤でボールを奪えば、素早くサイドに散らし、
突破がダメならボールを回しながら、穴を探す。時折、クラウチの高さも織り交ぜ、主導権を握ります。
しかし、先制したのはヴィラ。A・ヤングのCKがニアに。マークについたバソングより一瞬早くクエジャルが体を入れ、
ヘッダー、一旦はゴメスが弾くものの、アグボンラホールがDF2人に囲まれながらもが体ごと詰めてねじ込む。
これはバソングがクエジャルに先にボールに触られた段階でお手上げでしたね。CKの質、それに反応した速さ、
そしてしっかりと詰めた力強さ。ヴィラもさすがに上位をキープしてるだけはある。開始10分でいきなりビハインド。

しかし、なぜかこのまま終わらないだろうなぁ…とは思いました。前節大爆発した余韻が頭に残ってたというのもあるが、
この日も素早いパス交換と前線での流動的な動きが効果的だったので、見ていて得点の臭いがプンプンした。
特にキレキレだったのがニコ。抜群のパフォーマンスでしたね。モドリッチ同様に左サイドではあるものの、
サイドに張りつくのではなく、時にトップ下、時に中盤の底と巧みに位置し、効果的なパスを供給し続ける。
いいパスを出すものの自らは走らないという以前までのイメージを覆し、自らも積極的にドリブルで持ち込む姿勢も。
そして、何と言っても彼の最大の魅力である強烈なキック力を如何なく発揮。ミドルレンジからも正確に枠を捉え、
再三に渡って相手ゴールを脅かした。課題であった守備でもしっかり走り、体を寄せて、文句の無い働きぶりでした。
後半途中でキーンに代わって、ベンチに退きましたが、この日の攻撃を牽引した間違いなくニコでしたね。グッジョブ。

圧倒的に試合を支配し、決定機を多く作りながらも最後の最後でゴールに至らない、という時間帯が続きましたが、
77分にドーソンがやってくれました。エコトからのクロスをクエジャルがクリア、しかし、そのボールをドーソンが
胸トラップ(一瞬ハンドにも見えたが、リプレイで見るとしっかり胸トラップ)して右足を豪快に振り抜き同点に。
前半にも一度、デフォーのシュートの跳ね返りを狙った決定機を惜しくも外していましたが、二度目はしっかりゲット。
ドーソンは気合入ってましたね。この日は主将も任されたんですが、最高のパフォーマンスを披露してくれました。
このゴールはもちろんなんですが、本業の守備でもほぼ完璧な出来。相手の強力攻撃陣に再三攻め込まれるものの、
最後の砦として立ちはだかり、決定的な仕事はさせない姿は輝いてましたし、なんとも頼もしかった。
コンビを組んだバソングも自慢のスピードとハードタックルで、ことごとくピンチの芽を摘む素晴らしい働きぶり。

後半はほぼ全員が相手陣内に入り怒涛の猛攻を繰り出し、逆転を狙いましたが、残念ながらひっくり返すまでは至らず。
ヴィラの組織的な守備は見事でしたね。レノンが対面するL・ヤングとA・ヤングの密着マークに封じられて、
見せ場は終盤のいくつかだけ。あれだけピッタリつかれてスペースが無くなると、さすがに彼でもキツイですよ。
縦を切られても中にカットインするなど今季のレノンは劇的に成長してますが、相手の警戒度も飛躍的に上がってる。
今後は上位陣相手だと特に、こういう試合が増えてくると思うので、レノンが手詰まりになった時の次善の策の
精度やレベルをもう少し上げていかないと。左から崩す場面が少なかったし、セントラルMFの二人のうちどちらかが、
もう少し前と絡んでいかないとサイドも開かないしね。中央、あるいは逆サイドで起点を作って相手守備を釣り出せれば、
もう少しレノンがいい形でボール持てる機会が増えるだろうし。いい形で持たせれば今のレノンならなんとかするもんね。
ジーナスが入ってから楔のボールや、効果的なサイドへの散らしが増えたのが個人的にはポイントだったかな…と。

守備面では相手の快速コンビのアグボンラホール&A・ヤングにはほぼ決定的な仕事はさせなかったのが良かった。
レノンがマークつかれて仕事が出来ず…と書きましたが、ある意味レノンの存在がA・ヤングの攻撃を相殺した面もある。
昨日のプレヴュー記事で「引いて守るのではなく、攻め込んで相手の攻撃を封じる攻撃的守備を!」と書きましたが、
その点では一応、功を奏したとも言えなくもない。サイドの攻防がこの試合の一番の肝だったと思うんですが、
A・ヤングにサイドを完全に支配されたわけではないし、ミルナーにもしっかりついてポイントだけは抑えこんでた。
何回かカウンターでヒヤリの場面はあったものの全体を通しては、いい守り方が出来ていたと思います。

トッテナムらしいスピーディーでシンプルな速攻とサイド攻撃が存分に見れたし、過去の戦績を見ても、
決して簡単とはいえない敵地でのヴィラ戦で、勝ち点1持って帰れたので評価してもいいと思います。
結果は及第点ですが、内容はかなり良かったし、熱いハートがこもった試合を見れたので個人的には大満足です。

今日のGood ドーソン。主将として最終ラインからチームを鼓舞。守備は、ほぼ完璧。貴重な同点弾も。
今日のBad  パラシオス。相変わらず中盤での守備は良かったが、パスミスが多く、攻撃面では不満の残る出来

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| マッチレポート | comments:12 | TOP↑

最高におもしろいドローゲームでしたね。ビラDFは流石といったところでしょうか。
レノン封じもほぼ完璧でした。ヤングトリオの連携やレノンとの距離感も素晴らしかったです。
しかし逆に考えると、彼ら二人はレノン封じに全力を注いでいたので、ビラの左からの攻撃は全く怖くなかったと感じます。
しかし、ドウズのシュートは凄かった!ハッドの十八番を奪うようなゴールでしたね。
守りのほうも安心して見られました。キャプテン任されて気も引き締まったんでしょうか。
勝ちたかったですが、ビラパークを考えるとポジティブに捉えても良いと思います。

最後に・・・後半のスパーズの猛攻は凄かった!!!

| ダイキ | 2009/11/29 12:52 | URL |

結果よりも、“ドーソンがキャプテンを勤めた”ことが嬉しいです。
スパーズの今後に繋がる、価値のある経験にして欲しいです。

たぶん、ドーソンがキャプテンになってくれたらと思ってるスパーズファンは多いと思うんです。
他にも候補はいますが、レドリーとウッディはコンディション面で、キーンは戦術の面で、JJはメンタルの面で、シーズン通してのキャプテン役は難しいですから。


ドーソンをキャプテンとして半ば固定しつつ、キーンやレドリーが彼を支えていくような体制を作れたらいいな、って思います。



……以上、三年前のチェル戦でドーソンのゴールに惚れてスパーズファンになった者の妄想でした。笑

| sini | 2009/11/29 15:38 | URL |

> ダイキ さん
面白かったですよね♪ヴィラは流石でしたね。強かった。仰る通り相手のレノン封じは完璧でしたが、
A・ヤングの攻撃も封じたのでおあいこですね^^ サイドの攻防は面白かったですね。
互角の実力同士の攻め合いは見応え十分でしたし、守備陣も気合入って守ってたので
ドローでも満足です。

>sini さん
ドーソンは僕も今日のMOMにあげたい素晴らしい働きだったと感じます。
ゴールはもちろんだけど、守備面でもウッディ&キングに匹敵する安心感と存在感がありましたね^^
僕も彼は将来のスパーズの主将の筆頭候補だと思っているんです。妄想最高じゃないですか!
僕もその妄想に諸手を挙げて賛成です。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/29 17:49 | URL |

結果こそドローでしたが、勝っていてもおかしくない試合だったと思います。勝ち点1じゃ物足りないぐらいですw
戦前は色々言われましたが、蓋を開けてみればいつもの顔ぶれ。大一番だからこそ平常心と安定感、実にレドナップらしい選択だったと思います。

スパーズの練習場も、いずれは是非見に行って見たいですね。試合中にはわからなかったこと、練習ならではの特徴もたくさんあって・・・非公開にでもしていない限り、必ず他チームの偵察兵やスカウティングも来てて、なかなか面白いですよー。

スタメン組より、むしろサブ組が元気一杯に動いていい形を作っていたり。
それでも、少しおとなしめのスタメン組でも、特定選手・・・例えば川崎Fの場合は、中村がボールを持った時だけ、練習中普段は慣らし運転状態のジュニーニョが、突然左右にぶれるような動き出しをするんですよね。直線的ではなく、必ず相手を振り切る形のオフザボールのリアクションがあって、そこにタイミングよく裏のスペースへ飛ばすようなパスが出てくる。もう片方のサイドで、レナチーニョっていう選手がまた幻惑する動きを取っていたりと・・・

ああ、こんな感じでチームっていうのは連携を深めたりしてるんだろうなぁと、なんだか感慨深く感じたものでした。
イングランド遠征の暁には、是非に!試合だけでなく、練習見学も堪能してください&自分もしたいですw

次は勝てますよーに!

| 白面 | 2009/11/29 22:24 | URL |

エキサイティングな試合展開でしたね!
いつ入るのかハラハラして見てたのでドーソンのゴールはとんとうれしかったです!

個人的にはやっぱキーン出さなくても・・って感じはしたんですが、勝ち点1とれたのでよかったです。
しかしニコは予想よりもずっと素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるので、モドリッチが復帰後も十分すぎるオプションになりますね。
なので、キーンはやっぱりサイドで投入するのはやめてくれー、爺さんと思った一戦でした(笑)

| goodspeed | 2009/11/29 23:53 | URL |

>白面 さん
十分に勝てる可能性のある試合ではありましたね^^ 内容はとても良かったように思います。
練習場を見ると色んな事が見れて面白そうですね♪ ただ、確かプレミアは練習が完全非公開で
一般人は見れないんじゃなかったかな??見てみたいですけどね~。

>goodspeed さん
面白い試合でしたよね~^^ キーンの起用法は今後も難しそうですけど、僕もトップ限定に
するべきと思うんですけどね。ただ、この日も途中投入でサイド起用してたので、爺さんは懲りて無いみたいですが(笑)
ニコは試合毎に良くなってますね。モドリッチもうかうかしてらんないですね、こりゃ。

| 管理人 ゆーや | 2009/11/30 00:30 | URL |

ドーソンカッコイイ

| コメス | 2009/11/30 08:07 | URL | ≫ EDIT

トッテナム三位でフィニッシュ!

| まな | 2009/11/30 12:56 | URL |

>ゆーやさん

なるほど・・・それじゃあトットナム名誉会員、日本支部長ぐらいにならないと練習も見せてもらえないですね。
せっせとランキングなどクリックしつつ、ゆーやさんを今後その位置に押し上げることを目標に!!!

・・・と、夢物語はともかくw
相手の消化試合が一試合少ないとは言え、堂々の3位浮上ですね。

正直、今の勢力図下では首位はあまりにも現実味が薄いので、4位以内にさえ入れれば本当に大満足というのが、今のところ自分の認識です。
その意味で、ブルーズに走ってもらえることは、我々にとって非常に都合がいい。一チームが突出すると、その分下位がダンゴになりやすくなって、チャンスが増えるものですから・・・弱気すぎるかなぁ(;´・ω・`)

まぁあまり先のことを考えても仕方がないので、今は次節のエバートン戦に集中しますw
先方のレッズとのダービーマッチはたまたま放映されてたんでチラ見したんですが、不振状態とは言え、内容はそこまで悪くない。
元々タレントは揃ってるチームですし、特にケイヒルは個人的に、プレミア屈指のトップ下と思ってます。特に飛び出しのタイミングがものっそいやらしいので、スペースを与えないように細心の注意を払わないといけませんね。

今後も可能な限り勝ち点を伸ばして、じわじわ周囲にプレッシャーを与えていきましょう!
それにしても、いい年にスパーズサポになったもんだなぁ・・・自分が贔屓にしようと思ったチームは、何故かその年から状況好転が多いので嬉しいですw

| 白面 | 2009/11/30 20:20 | URL |

>コメス さん
確かに(笑)ゴール後の笑顔は最高でしたよ。彼はチームでもムードメーカーだし、本当に頑張り屋さんなので
日本でもっと多くの方に知っていただきたい選手の一人です。

>まな さん
まだ先は長いとは言え、気分は悪くないですよね^^ お隣より上ってのもナイスです。

>白面 さん
あはは(笑)僕はスパーズファンの末端の一人ですから、そんなにプレッシャーかけんでください^^ 
でも、白面さんのように応援してくださる方や、いつも覗いてくださる多くの方の支えがあっての当ブログなので感謝です。
質の高い記事を毎日更新してくださり、他国のファンクラブとの交流など素晴らしい活動をなさってる
日本においての公式ファンクラブ「スパーズジャパン」さんのご尽力と最近のチームの好調さも
あいまって日本でも今後確実にファンが増えていくと思うので、僕も微力ながら、いちファンとして
今後もスパーズをサポートしていきたいとは思っておりますよ。

さて、現在の状況ですがとてもいいと思いますね。僕も白面さんと考えが近くて、現実的には優勝争い、それどころか4位に入るのも若干厳しいと思っているんですよ。なので、上二つが走って3~6位ぐらいが団子になるのはスパーズにとって願ったりの展開と感じます。
ただ、まだそれを論じるには早いので目先の試合を一つ一つ大事に戦って欲しいですね。
まずはCCのマンU戦、次のエバートン。これら強豪に自分たちの良さを出して戦い勝っていかなければその後もありませんからね^^

少なくとも今季のウチが上位陣にプレッシャーを与える存在になりつつあるのは事実なので、
リーグを面白くするためにもこの位置をキープしたまま新年を迎えたいところです。
 

| 管理人 ゆーや | 2009/11/30 21:01 | URL |

始めまして、いつも拝見させてもらっています
とてもスパーズについて丁寧に細かく書いていらっしゃるので、毎回感心してしまいます

スパーズとヴィラは本当に期待通りのゲームをしてくれましたよね、両チームの組織力は欧州でも通用するレベルにあると思います

自分はスパーズの左サイドでプレーするモドリッチが大好きなのですが、クラニチャルのここ数試合の活躍は凄まじいですよね
そこで管理人さんにお聞きしたいのですが、モドリッチが帰ってきてもクラニチャルは左サイドに固定して、モドリッチはセンターハーフ起用にすべきだと考えますか?
私はパラシオスとモドリッチのコンビを形成すればもっと攻撃がスムーズになる気がするのです
ハドルストーンのシュート力、フィジカルなどは確かに魅力なんですけどね

| とりとん | 2009/11/30 21:43 | URL |

>とりとん さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪
ヴィラも相当にいいチームですが、スパーズもいい戦いが出来て、お互いにしまった好ゲームになりましたね。

さて、モドリッチの件ですが、これは非常に難しい質問ですね~。僕もまだハッキリとは断言できないというのが正直なところです。
この二人の特性だけを考えればモドを中央に、ニコを左サイドがベターとは感じますが、チームのバランスを考えた場合、
一概にそれで機能するかは何とも言えない。なのでこれについての答えにはもう少し時間が欲しいですね。
やはり実際二人が同時にピッチに立った試合を何試合か見ないと…ね^^ 
僕の理想で…ならばモドは中央で起用したいですよ。ただJJもハッドも好きですし、各々魅力があるので捨てがたいです(笑)
また遊びにきてくださいね♪

| 管理人 ゆーや | 2009/11/30 23:22 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。