PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【PREVIEW】 Tottenham vs Everton

昨夜、というか今日の早朝に2010年南アフリカW杯のグループリーグの組み合わせ抽選会がありましたね。
眠い目こすって見ましたが、皆さんはどういう感想をお持ちでしょうか。やはり日本人としては、あまり関心が無いとはいえ、
母国の日本代表にはなんとかベスト16には残って欲しいと思いますし、贔屓のクラブがある方は所属している選手がいる国が
どこと当ったのか…などなど、興味、関心が尽きない抽選会になったのではなかろうかと思います。
日本代表の組み合わせについては個人的には可もなく不可もなくといった印象です。厳しいような、ある程度ラッキーのような。
勝ちぬける可能性は十分にある半面、堅守のデンマークと強豪オランダ相手にポイント奪取は一筋縄ではいかないな…と。
まぁ、日本は明らかに格下なわけで、実力的にはどこに入ろうが「死の組」だとは思いますけど、頑張って欲しいものです。

Gio in World Cup opener  (tottenhamhotspur.com)
やはりトッテナムファンとしてはトッテナム所属選手のいる国の組み合わせは気になってしまいますが、ジオのメキシコが
開催国の南アフリカと同組、しかも全世界注目の開幕戦で激突することになりました。これは楽しみですね。
他の選手では、バソングとエコトのカメルーンはご存知の通り、我らが日本と同組です。嬉しいような悲しいような。
でも、トッテナムにあまり関心が無い日本の方々に、二人を知ってもらう絶好の機会ではあるんじゃないかな。
特にエコトなんてかなり成長してるからね。ほぉ~、こんないい左サイドバックがいるんだ~と唸らせる事になるかもしれないよ。
パラシオスはスペイン、チリ、スイスと同組。ちょっと厳しいかもしれないけど、中南米の曲者を侮るなかれ。
トッテナムでも多くの選手が候補に名を連ねるイングランドはアメリカ、アルジェリア、スロベニアと同組と比較的恵まれた。
今のイングランドなら優勝狙えると思う、というか今回逃したらいつ優勝出来るか…という絶好の機会ですから、楽しみです。


さて、今節の相手はエバートンです。プレヴューに行く前に、気になるウッドゲートの負傷について…
Woodgate concern for Redknapp (Sky)
そ頸部の負傷が再発したウッドゲートの状況について指揮官もお手上げの模様で、復帰の目途が不透明となってます。
注射による治療を行ったんだが、我々が想定している程の回復は見られていないようだ。再度の手術が必要なのか、
それとも他の治療方法が良いのか、私自身も全く解らないんだよ。彼はとても良い選手だけに、非常に残念な状況だよ。
ある者は注射が良いと言うし、ある者は手術がベストと言う。異なる意見があるだけに、判断がとても難しい。
単に骨が折れているという方が、よっぽど復帰への道筋を付けやすいとすら思うよ。この手の負傷が一番厄介なんだ。
(レドナップ)

そ頸部やハムストリングの負傷は意外に長引くんですよね。キングも万全じゃないだけにウッディの再離脱はかなり痛手です。
バソング、ドーソンでなんとか戦えてはいますが、この二人のどちらかが痛めば、また開幕時と同様のクライシスですからね。
ここらで本気にキング&ウッディの後継となり得る即戦力の中堅センターバックを補強すべきなのかもしれません。
アップソンの名前が頻繁に取り沙汰されるのも、解る気がします。ハマーズからウチへってのが考えにくいんですけどね。


Niko's Mersey beat  (tottenhamhotspur.com)
エバートン戦へ向けて、只今絶好調のニコは気合十分。相手を警戒しながらも、勝つのはウチだと語ってくれました。
今の僕らならエバートンという難しい相手を敵地で叩く事も十分に可能なはずさ。チームにも自信が漲ってるよ。
ただ、彼らが現在低迷しているからって楽な試合にはならないと思う。前節のリバプール戦だっていい戦いをしていたからね。
僕らは自分たちの力を出し切ることに集中するだけさ。自らの力を信じて戦えば必ずや3ポイント持ち帰れるはずだよ。
(クラニチャール)

Crouchy wary of Toffees threat (tottenhamhotspur.com)
お次はクラウチ。かつてのマージーサイドのライバル、エバートンは決して気を抜けない相手であることを強調。
エバートンには何人かの優れた選手がいるし、前の試合も勝つに値するような試合をしていたから気をつけないとね。
相手のホームだし、今は低迷していて、勝って自信をつけたいだろうから最初からガンガンに攻めてくると思うよ。
だけど、そうなれば僕らにとっては、かえってやり易い展開になるかもしれないね。もちろん僕らだって勝ちにいくよ。
CCの敗戦は失望だったけど、今はリーグ戦とFAカップに気持ちを切り替えないとね。この試合が正にリスタートさ。
(クラウチ)


TEAM NEWS
前節に引き続き、キングとウッドゲート、モドリッチ、クディチーニがアウト。
指揮官の言葉からはミッドウィークのCCから、前節のヴィラ戦のメンバーに戻してくる事が予想されます。

予想スタメン: Gomes, Corluka, Ekotto, Bassong, Dawson, Palacios, Huddlestone, Lennon, Kranjcar, Defoe, Crouch

エバートンはジャギエルカ、P・ネビル、アルテタら主力を欠き、レスコットまで移籍してかなり苦しい戦いを強いられています。
現在は16位。昨季のカップ戦ファイナル進出や、ここ3シーズンで安定してトップ6入りしているクラブとは思えない程の低迷ぶり。
しかし、決して侮れない相手であると思います。曲者ケーヒルやフェライーニもいるし、ロシア代表の彼ら新戦力もフィット、
何よりこれ以上は負けられないという必死さがあるので、タフな試合になると思います。(毎試合で言ってるけど…笑)
こちらも負傷者がいて、必死のやりくりの中での戦いですが、上位陣に喰らいついていく為にも、ここは負けられない。
最低でも勝ち点1は持ち帰りたいし、あわよくば3ポイントをゲットしてホームに帰りたいところです。
今季のトッテナムはトップ4相手以外では、内容は悪いながらもしぶとく勝ち点拾ってるので、この試合も大いに期待したい。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:4 | TOP↑

シティがチェルシーを下したことで、四位争いが一層激しさを増しそうですね。

トフィーは非常に好感を持てるクラブですので、残留争いに巻き込まれているのはとてもり悲しいです。
そうは言っても現状スパーズには塩を送る余裕なんてないですし、勝つしかないわけですが……複雑な気持ちです。


レドリーやウッディの負傷は、ドーソンに継続してキャプテンを任すための(場合によっては世代交代のための)機会なのだと捉えましょう。

| sini | 2009/12/06 13:43 | URL |

>sini さん
マンCは強いですよ、やっぱり。試合毎に連携が良くなってきてチームになりつつありますからね。
厳しい上位争いになりそうです^^;
エバートンは僕も割と好感持ってるので頑張って欲しいが、仰る通りウチとしては余裕が無いので
ここはしっかりポイント頂きましょう!
ドーソンはこういう機会を自信に繋げて欲しいですね^^ 

| 管理人 ゆーや | 2009/12/06 22:11 | URL |

油断禁物ですね。
ニコの言うとおり、マージーサイドダービーはいい戦いぶりでしたからね・・・
ピーナールは要注意です。

今日も楽しみにしてます。

| まるてぃねす | 2009/12/06 22:23 | URL |

>まるてぃねす さん
低迷しているとはいえ、気の抜けない相手だと思いますね。厳しい戦いになるでしょうが、
なんとかポイントもぎとって欲しいです!僕もピーナールが要注意と睨んでますよ^^

| 管理人 ゆーや | 2009/12/07 00:17 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。