PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

モドリッチ、いよいよ復帰か

2点リードを守り切れず、ドローに終わったエバートン戦を終えての選手・監督のコメントを。

Opportunity missed - Harry  (tottenhamhotspur.com)
2-0になった時点で我々は勝てると思っていたよ。それどころか、3点目を奪うのも時間の問題とさえ思っていたからね。
しかし、相手が1点を返し、スタジアムの雰囲気が一変した。2点リードが決して安全圏では無いという典型的な展開だったね。
最後に大きなチャンスがあったが、仕方ない。デフォーは落ち込んでるだろうが、これがフットボールというものだよ。
(レドナップ)

最後のPKを決めていればねぇ…と、今思いだすだけでも悔やまれますけども、PKですから責められないですね。
そういや今節のゲームはPK失敗が多かったみたいですね。珍しいことにセスクやランパードも揃って外したようで。
デフォーのPKを止めたハワードは奇しくもW杯でイングランド代表とグループリーグで同組に入ったアメリカ代表の正GK。
一部メディアでは早くも1-0でアメリカリードと書いてた記事もありましたね(笑)今から勝負は始まってるみたいです。

よく2-0が一番恐ろしいという話を実況や解説の人が言いますが、今まではそんなことあるかいな?と思ってましが、
この試合ではその怖さを改めて再認識させられましたね。1点獲られた段階でまだリードしてるにも関わらず、追いつかれたかの
ような雰囲気がTVのこちら側にもビンビン伝わってきましたからね。もちろん、追いついたエバートンの選手の執念や、
守りきれないトッテナムのふがいなさは否定できませんが、何よりあの雰囲気を作り出したグディソン・パークのエバトニアン
(という表現で正しいのかな?)が素晴らしかったなと。敵ながらアッパレ。正にサポーターは12人目の選手ですね。

Daws on the draws (tottenhamhotspur.com)
主将として2試合連続のゴールでチームを盛り上げたドーソンは「切り替えが大事」と次戦を見据えています。
75分間はバラ色だったんだけど、相手に得点を許したら全てが一変してしまったね。最後のPKで勝つチャンスもあったけど、
逃してしまった。3ポイントが欲しかったから、期待外れの結果だったけれど、エバートンも強い相手だからね。
僕らはまだ4位にいるんだし、いつまでも落ち込んでる場合じゃない。土曜日のウルブス戦に向け気持ちを切り替えないとね。
(ドーソン)

ドーソンはいい働きぶりでしたね。体を張った守備でゴツイ相手にもひるまず、しっかりと守備陣をリードしていました。
二戦連発となったダイビングヘッドも見事。あそこは足だろ!ってツッコミたくなりますが、アレを頭で飛び込んでいくのが彼らしい。
残念ながら、まだキャプテンマークを巻いたこの2試合で勝利を得られていませんが、主将として、守備の要として、
また貴重なゴールゲッターとして及第点以上の活躍はしてくれていると思います。次節はホームですし、クリーンシートでの
勝利と、三戦連続ゴールに期待しましょう。今の彼なら「なんだか決めそうな気がする~」(ってまたまた古いネタで…笑)

Wilson update  (tottenhamhotspur.com)
さて、トッテナムファンの皆さんには、デフォーのPK失敗以上にショッキングだったであろう、パラシオスの負傷交代ですが、
どうやら大事には至ら無さそうです。最悪、肋骨骨折で長期離脱の可能性も考えられましたが、それは避けられそうとのこと。
担架で運ばれた時にはかなり心配しましたが、すぐ戻ってこれそうで一安心。土曜日は大事をとって欠場かもしれませんが。

嬉しいニュースをもう一つ。8月から長期離脱していた我らが司令塔のモドリッチの復帰が、いよいよ近づいてる模様。

Luka Modric back in action ahead of Tottenham's home game against Wolves (telegraph)
8月末のバーミンガム戦にてボウヤーからタックルを受け、腓骨を骨折。当初8週間と見られていた離脱期間を大幅に超え、
気がつけば3ヶ月以上の離脱を強いられていたモドリッチ。レドナップも無理強いはさせず、じっくりと完全復活させる方針で、
調整を続けていましたが、トレーニングも順調にこなしてるようです。いよいよ満を持しての実戦復帰となりそうです。
土曜日のウルブス戦で即先発出場!とまでは言えないが、ベンチ入りは濃厚。久しぶりに彼の雄姿を見れるかもしれません。
ただ、これまでも復帰か?と報道されながら結局は延期を繰り返しているので、あまり期待し過ぎない方がいいかも(笑)


最後に恒例の補強関連の報道をいくつか。

Spurs look to Riesgo (Sky)
レアル・ソシエダの26歳のGKアジエル・リエスゴをトッテナムのトライアルに招待されることをソシエダ側が公表。
クディチーニの今季中の復帰が絶望的な為に第二GKの補強を目指しての動きと思われます。

Pav agent claims Arsenal link (Sky)
パブリュチェンコの代理人がローマ、ゼニトに加えてアーセナルからも関心を持たれている事を示唆しています。
1月の移籍が濃厚とされている為、多くのクラブから関心が寄せられているロシア人FWの周辺が更に騒がしくなってきました。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。