PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【PREVIEW】 Tottenham vs Manchester City

日本時間で明日の早朝(5:00~)に行なわれるマンC戦のプレヴューの前にトッテナム関連のニュースをいくつか。

Fan drops allegation of assault against Assou-Ekotto (BBC)
ウルブス戦の直後にエコトが、暴言を浴びせたファンに掴みかかったとして騒動になっていた件ですが、ファンが訴えを取り下げ、
FAもこれ以上の調査を行わない事になりそうです。なお、トッテナムのスポークスマンにより、今週、エコトと当事者のファンが
和解の会談を持つ事が明らかにされてます。なんとか大事にならずに事態が収束に向かったようで一安心ですね。

Bentley staying with Spurs
トッテナムに加入後、本人にとっても、ファンにとっても満足のいく活躍が出来ていないベントリー。同ポジションのレノンの活躍や
自身の不調も重なり出場機会は激減、レドナップと口論が報じられるなどポジティブなニュースが聞こえてきません。
「移籍が濃厚」との報道が強まる中、レドナップは否定。戦力構想から外れていない事を改めて強調しています。
先週、彼をベンチから外したのは、練習であまり良く見えなかったからだ。調子が良くない選手は使わないという、
真っ当の決断をしただけで、私と彼の間には何の問題も無い。私は彼の才能を高く買っているし、コンディションさえ、
しっかりと整えれば当然、招集メンバーに含まれて然るべき選手と考えているよ。彼はとても有能な選手だからね。
(レドナップ)

もちろん、僕は彼の復調を期待してはいますが、劇的に成長してるレノンからポジション奪うのは相当に難しいですし、
今のままだったらベンチ暮らしから抜け出せないような気がします。それでもトッテナムで定位置奪取の為に頑張る!という声を
聞きたい気持ち半分、新天地を求めるのもアリという想いが半分。いずれにしろ、今は耐えて頑張る時期でしょう。
今の状態で移籍してもいい方向には進まない気がします。レドナップのコメントを見る限り、完全に信頼を失ってはいない。
監督の叱咤激励に応えるかどうかは彼次第でしょう。能力はある選手なので、なんとか復調して欲しい。

Spurs revive interest in Stipe Pletikosa (dailymail)
スパルタク・モスクワ所属の30歳のクロアチア代表GKスティペ・プレティコサ。今夏の移籍市場でもトッテナムが獲得寸前まで
いきながら、膝の負傷によりご破算になったという経緯があり、信憑性が高い噂の一つではあります。
まだ負傷が癒えておらず、早くても復帰は2月頃とのことですが、クディチーニの長期離脱により控えGKの層が薄いトッテナムが、
今冬に獲得に動く可能性も捨てていないとクロアチアの現地紙は伝えているようです。

もし仮に獲得となった場合はトッテナム4人目のクロアチア人プレイヤーになりますね(笑)クロアチア好きなのでいいんですけど。
結構いいGKっていう印象はありますがどうなるでしょうか。獲得するにしても買い取りオプション付きのローンでしょうね。
マクレガー、ローチ、リエスゴ、ヤクポビッチ…などなどGK獲得の噂は多いので、いずれかは実現しそうな気もします。
アルニック、バットンはいずれも若く経験面で不安ですから、ゴメスに万が一の事があれば、深刻な状況になりますし…。

さて、本日のニュースこの辺にして、マンC戦のプレヴューを。

個人的には非常に楽しみにしていた試合です。トップ4を崩す最右翼と考えているマンC相手に、どんな戦いが出来るか、
見どころが多い試合になるような気がします。なんたって鬼のようなメンバーですからね。トップ4と同じかそれ以上の選手層。
かけた金額に見合った成績か?という論点から過小評価され気味なマンCですが、僕はそうは思わないですねぇ…。
そりゃ、大改革に乗り出したクラブがいきなり結果残すなんて難しいですよ。それでも、引き分けが多いにしろ1敗ですからね。
チェルシーは3敗、マンU、アーセナルは4敗、リバプールなんて6敗してるのに、マンCはわずか1敗ですよ。凄いって。
僕はシーズン開幕前にマンCのトップ4入りを予想したんですが、思ってる以上の速さでチームとしての形が出来てきてる印象。
当然の事ながら、同じくトップ4を崩し得る可能性を持ったトッテナムにとってはヴィラと並んで当面の最大のライバルでしょう。

TEAM NEWS
前節のウルブス戦でベンチからも外れていたジーナスですが、どうやら食中毒にかかっていたようです。
てっきりマンCに向けて温存してるのだとばかり思ってましたが、まさかのアクシデントに見舞われていたとは…。
当然練習も満足にこなしていないでしょうから欠場が濃厚。また、モドリッチも痛みが完全に取れているわけではなく、
先発出場させるには、まだ時期尚早とレドナップは判断しているようです。うむ。無理はさせない方がいいと思う。
その他では引き続きキング&ウッドゲートとクディチーニが負傷によりアウトとなっています。

予想スタメン:Gomes, Corluka, Dawson, Bassong, Ekotto, Lennon, Kranjcar, Palacios, Huddlestone, Defoe, Crouch

一方のマンCも前節のボルトン戦でW・フィリップスが負傷、ベラミーも2枚のイエローをもらい退場してるので出場停止。
インフルエンザで微妙との情報も流れていたデ・ヨングは間に合う見込みとのこと。まぁ、それでも恐ろしいメンバーですよ。
前線にはテベスにアデバヨル、サンタクルス、中盤にはアイルランド、バリー、ペトロフにロビーニョ。何の問題もないでしょう。

鍵となるのは相手のセンターバックコンビをどう崩すか…でしょう。トゥーレ&レスコットのコンビは個々の能力は高いが、
未だに抜群のコンビネーションを発揮してるとは言えないので、付け入る隙は十二分にある。横の揺さぶりが効果的か。
またブリッジも負傷中で、左SBにはシルビーニョが入るんでしょうが、レノンならば制することが出来るはず。
相手の攻撃陣は強力なので、集中して守らないと一気にやられますから、ドーソンを中心に頑張ってもらわないとね。
中盤のせめぎ合いを制する事が出来るかも見所の一つなのでバリーには仕事をさせたくない。ここはパラシーの出番。

間違いなくビッグゲーム、両者にとって今後のシーズンを占う意味でも非常に大きなウェートを占める重要な一戦と思います。
ここで簡単に屈するようだと、相手に自信を与えてしまうし、こちらとしてもトップ4への野望の灯火が消えかねない。
ホームだし、(と言っても今季はホームの方が不安定なんですが…苦笑い)絶対に勝ちたいですね。一戦必勝ですよ。
過去の対戦成績でも比較的相性は悪くない(今季のチームはまた別物ですけど)ので、淡~く期待はしています。
お互い、守備面で安定してるとは言い難いですし、前線に豪華なタレントを揃えてることからも攻撃力に自慢のある両チーム、
派手な打ち合いになる気がします。早朝の試合ですが、眠気が吹き飛ぶような壮絶なバトルを楽しみに待ちましょう。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:2 | TOP↑

どのボトムのクラブと試合してるんだろうってくらい完全に支配した試合でした☆
DF陣は向こうにほぼ仕事させてないし、レノンはキレキレでクラウチはいつも以上に気合いに満ちた感じでした!
負ける気が全くしませんでしたよ(笑)

| Teddy | 2009/12/17 16:44 | URL |

>Teddy さん
早朝にも関わらず応援チャット参加してくれてどうもです♪
いい試合でしたね!守備陣が光ってましたし、クラウチがよく競ってくれましたね^^ 
この勝利は大きいですね~。

| 管理人 ゆーや | 2009/12/17 22:38 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。